Anipedia
Advertisement
Anipedia
1,260
ページ
ムルタ・アズラエル
性別
年齢 不明
生年 C.E.41年5月8日
没年 C.E.71年9月27日
人種 ナチュラル
所属 ブルーコスモス
階級 盟主

ムルタ・アズラエル (Multa Azrail) は、アニメ機動戦士ガンダムSEED』に登場する架空の人物(檜山修之)。

個人データ[]

  • コーディネイター政治団体ブルーコスモス」の盟主。彼の家系自体が古くから反コーディネイター運動に最大の出資をしてきたアズラエル財閥であり、その御曹司である。また、国防産業連合理事の任にあり、デトロイトに本社をおく大手軍需産業の経営者でもある。大西洋連邦政府及び同国軍に対して強い発言力を持ち、現場指揮官に直接「命令」を下すことすらあった。家系の影響に加え、幼少期に同年代のコーディネイター達にどうしても勝てず大人数で痛めつけようとして返り討ちに合った事から、彼らを強く憎むようになり、また自らをコーディネイターにしてくれなかった事を母親に言ったところ、母親にぶたれた事で母親にも憎悪に似た感情を抱いていたなど彼がコーディネイターに抱いている憎悪の根本にあるのは逆恨みと八つ当たりである。

経歴[]

パナマ攻略戦において地球連合軍マスドライバーを失い、宇宙への橋頭堡確保のため、マスドライバーを持つオーブへの侵攻を提案し、自ら指揮する。オーブへの侵攻とマスドライバーの奪取はオーブ側のマスドライバーを含む軍関連施設およびモルゲンレーテ社の自爆により失敗に終わったが、後期GAT-Xシリーズレイダーフォビドゥンカラミティを実戦投入すると言うもう一つの目的は大きな戦果と共に達成された。

その後のアークエンジェル討伐戦では。フリーダムジャスティスに核エンジンが搭載されている事を見抜き、捕獲を命令している。

宇宙に上がってからはドミニオンに乗り込み、民間人でありながら実質的な指揮官の座にあった。 ザフトから解放されたフレイの「戦争を終わらせる鍵を持っている」という言葉に関心を持ち彼女を救助し、ニュートロンジャマーキャンセラーのデータを手に入れ狂喜した。

地球連合軍上層部を説き伏せ、これを利用した核ミサイル搭載モビルアーマー部隊「ピースメーカー」を編成。ザフトの宇宙要塞ボアズを核攻撃で沈めた後、プラントに対しても核攻撃を行おうとする。しかし、最終決戦である第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦において投入された核ミサイルはキラ・ヤマト達によって全弾撃墜され、また兼ねてよりアズラエルの行動に疑問を抱いていたナタルが反旗を翻し、フレイを初めとする全クルーに対し、対峙していたアークエンジェルへの投降を命じる。これに激昂したアズラエルは自分用の端末でローエングリンを起動し、アークエンジェルに向けて発射するが、身を挺したムウストライクによって阻止される。これによりマリューの怒りと悲しみは高まり、直後にアークエンジェルから放たれたローエングリンによりアズラエルはナタルと共に命を落とした。

余談[]

  • 一部の書籍ではアズラエルは幼少期にコーディネイターに虐められた為、コーディネイターに対して憎悪を抱いているという誤解があるが、幼少期のアズラエルは同年代のコーディネイター達に虐められたのではなく、同年代のコーディネイターの少年を逆に虐めようとして逆襲にあったようだ(『スペシャルエディション』より)。
  • フリーダムジャスティスに核エンジンが搭載されている事を見抜く等、知識や洞察力は並みのナチュラルよりも優れているのだが、器量は狭く性格も自己中心的。周囲にイヤミと大事を言い、ねじ伏せて自分の思い通りになる私物とさせる。普段は冷静な皮肉屋を気取っているものの、追い詰められると感情が剥き出しになるという精神的な脆さを持つ。
  • ASTRAYシリーズ』では、コーディネイターであるロンド姉弟と密接な関係があり、ソキウスロボトミー処置済み)や後期GAT-Xシリーズの派生機を提供していることから、コーディネイター根絶原理主義者とは一線を画しているという視聴者の意見もある。
  • DESTINY』では、アズラエルの死後、ロード・ジブリールブルーコスモスの盟主を務めている。ロゴスメンバー、ブルーノ・アズラエルは、彼と同姓であることと、風貌に共通する面があることから、彼の血縁関係であることが推測されるが、関連は劇中いかなるメディアにおいても明らかにされていない。
  • SEED C.E.73 -STARGAZER-』ではスウェンの回想に登場しており、当時訓練生であったスウェンに関係して彼の教官と対立があったようである。
  • なお彼はカルト的な人気があり一部のファンサイトでは声優ネタで熱血系キャラクターに変わったりする(これはアズラエル役の檜山修之の演じる役に熱いキャラクターが多いためである)。代表的な例として、『スーパーロボット大戦』ファンの間では、「僕らの盟主王」と称されることが多い(『勇者王ガオガイガー』主人公・獅子王凱との声優ネタ)。ちなみに、『第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ』では戦闘用の専用ボイスとして獅子王凱が駆るジェネシック・ガオガイガーに対して敵愾心をむき出しにし、ナタルに諌められる。また、ゲーム中断後の小話では頑なに勇気を否定し、ナタルに呆れられる一幕がある(逆に『スーパーロボット大戦J』ではナタルが同じく桑島法子が声優を務める『機動戦艦ナデシコ』のミスマル・ユリカに強い対抗心を見せてアズラエルにツッコミを入れられるパターンとなっている)。『スーパーロボット大戦W』でも、ニュートロンジャマーキャンセラーのデータが本来ならフレイによってもたらされるはずが、プレイヤー部隊に救助されてしまい嘆く一幕を見せている。(この時、アズラエルはニュートロンジャマーキャンセラーのデータを「勝利の鍵」と呼ぶ。ちなみにこれも勇者王ガオガイガーのネタである。)
  • スーパーロボット大戦W』では叢雲劾からプレアカナードソキウス生体CPUのような存在を生み出す者として狙われており、原作通りナタルを撃とうとしたところを乱入した劾に阻止され、サングラスを外した彼の正体(劾は脱走した連合の戦闘用コーディネイター)を知って怯えあがる一幕がある。結局、劾からも「俺が殺す価値もない」と見逃され、そこに現れた地球連合の艦隊を率いて反撃に転じようとするが、直後にアークエンジェルローエングリンに撃たれて、劾の警告で乗員が(劾に救助されたナタルを含めて)全員脱出したドミニオンで1人命を落とす。
  • SDガンダム GGENERATION DS』では、あるルートで彼のやり方に反発したナタル、ジェリド・メサマウアー・ファラオシーマ・ガラハウに離反され、更にある条件を満たすとオルガシャニクロトにまで離反されてしてしまうなど、人望の無さが如実に現れる展開となる。さらにルート次第では隠しシナリオにおいてなんとデビルガンダムに搭乗してくる(この際DG細胞に感染しているため情緒不安定な言動に変化している)。
  • 名前の「アズラエル」は、イスラム教における死を司る天使アズラーイールに由来すると思われる。

関連項目[]

  • ガンダムシリーズの登場人物一覧